名古屋市 中川区 鍼(はり) 灸(きゅう) 接骨院 交通事故 保険
名古屋市中川区の健治堂はりきゅう接骨院のページへようこそ

元気大好き

肩こりの正体と鍼の効果

←前のページへ戻る

||| 肩こりの正体

編み物、読書、スポーツなど長時間同じ姿勢で作業をしていると、筋肉の血行が悪くなり、筋肉が酸欠状態になります。そうなると乳酸などの疲労物質溜まりやすく筋肉が硬くなり、肩周辺の神経を刺激して痛みを引き起こすのです。

また、冷え性や低血圧、緊張状態が続き自律神経が弱まっている状態でも、血液の流れが悪くなり血行不良を招きます。そのため、筋肉に充分に血液が運ばれず、肩こりの原因になります。肩こりの原因、疲労物質の除去こそが肩こり解消の“カギ”と言えるのです。

||| 鍼の効能

なぜ鍼に効果があるのかご説明します。

血流不全によって筋肉が硬くなった肩に鍼を刺すこと、すなわち刺激を加えることで局所の血流を良くし血行を回復します。皮膚を摩擦するとその部分がほのかに赤くなり、温かくなりますが、これは血液の流れがよくなっているため起こる現象です。マッサージや指圧などがそれと同じで、鍼の場合はもっと深部から刺激を入れると思っていただければいいと思います。

当院では、鍼を刺したところに低周波の電気を流します。筋肉が動く場所(モーターポイント)を刺激して電気的に硬くなっている筋肉を動かして血流をより迅速に回復させるのが目的です。

治療の原理は、電極から人体に通じたパルス電流により、電極間の筋肉を1秒間に1.6回筋肉を動かし、収縮と弛緩をくり返すことで肩たたきやマッサージと同じ効果を得ようとするものです。鎮痛、筋緊張緩和に効果的です。

患者様の希望により、灸頭鍼という施術も行っています。鍼の頭に“もぐさ”のお灸をつけて燃焼させる方法です。鍼からお灸の熱が伝わり、血行回復にはより効果があります。また、肩こりによるしびれにも効果的です。

鍼には血行回復と同時に鎮痛作用もあります。これは、鍼の神秘的なところでもあるわけですが、「鍼を刺す」と言う刺激が人間の脳内の痛み物質の抑制効果を促し、自然治癒力を高めるのです。

鍼には、血行回復と鎮痛作用が期待でき、肩こりが解消すると言うことがおわかりになったと思います。次回は体の中から血行を回復させる食べものについてお話します。


Copyright (C) 2004-2005 Kenjidou, All Right Reserved.