名古屋市 中川区 鍼(はり) 灸(きゅう) 接骨院 交通事故 保険
名古屋市中川区の健治堂はりきゅう接骨院のページへようこそ

元気大好き

症状解説:オスグッド・シュラッター病

←前のページへ戻る

どんな障害なのでしょう

10歳〜15歳の成長期の男の子に多く、飛んだり蹴ったり、走ったりする動作の多い(バスケットボール、サッカー、陸上競技など)スポーツが原因で起こるけがです。
膝の下の骨が出っ張った部分(脛骨粗面膝蓋骨下約3cm)に痛みと腫れを伴う障害です。


膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋(太ももの筋肉)は、膝蓋骨(膝のお皿)膝蓋靱帯(お皿の下のすじ)を介し脛骨粗面に付着しています。

この年齢では、まだ骨の発育が未成熟で脛骨粗面の骨は軟骨成分が多く、そのためスポーツなど大腿四頭筋の収縮により牽引力が繰り返し加わると軟骨がはがれていき炎症が起こるのです。

どんな症状が出るのでしょう

脛骨粗面が突出してきて、その部分を押さえると激しい痛みが出ます。(オスとグッと痛い)
走ったり、蹴ったり、跳ぶ、しゃがんで立つ。など、膝を活発に使った動作の時に限局した痛みや違和感があります。
両足同時に起こることは稀ですが、片方ずつ両足に発症することもあります。

接骨院の施術方法

脛骨粗面が出っ張ってきて痛みが生じれば、まずオスグッドを疑っていいでしょう。整形外科病院に行きレントゲンを撮り脛骨粗面に異常を確認することで診断できます。

原則として保存療法で、成長が終われば自然に治ってしまいます。また原因であるスポーツを休止すればよくなります。しかし、この年代のお子さんにとって安静やスポーツの休止は非現実的です。

当院では、疼痛除去効果の高い高周波にて施術を行い痛みの緩和をします。さらにテーピングや包帯で脛骨粗面をしっかり固定することで症状の改善に努めます。
日常生活やスポーツを続ける場合の痛みには、サポーターをご紹介させていただきますのでご安心ください。

どれくらいで治るのでしょう

個人差や活動の度合いによって異なりますが、半年くらいかかることもあります。治療期間が長く感じるかもしれませんが、オスグッドは基本的に決定的な治療法がありません。
放置しておいても成長が止まれば自然に治りますが、稀に無理をすることで症状が悪化して脛骨粗面の骨が剥がれて手術が必要になることもあります。


Copyright (C) 2004-2009 Kenjidou, All Right Reserved.